冷房と除湿

冷房と除湿ってなんとなく使い分けているけど、その違いについてきちんと知らなかったりします。
まず、冷房とはその名の通り、冷やすことを第一に考えた機能のことを言います。それに対して除湿とはできるだけ温度を下げることなく湿度だけを下げることが目的です。
そして、除湿量は実は除湿よりも冷房のほうが多いのだそうです。
ですから、暑い時には迷うことなく冷房を使い、暑くないけど湿度が不快なときには除湿機能を選ぶようにしましょう。
除湿の中には二種類あります。弱冷房除湿と最熱除湿のふたつです。
弱冷房除湿はエアコンが水分を集めるために一度部屋中の空気を集めますが、空気を排出するときに温度を下げたまま出すことを言います。
それに対して再熱除湿は一度温度を下げたものをちょうどいい温度にあたためなおしてカラッとした空気を出すことを言います。
気になる電気代ですが、弱冷房除湿が一番安く、次に冷房、最熱除湿の順に消費電力が高くなります。
これらの機能は状況に応じて使い分けることによって省エネに貢献できそうですね。
また、使っているエアコンによって弱冷房除湿と最熱除湿を手動で切り替えられないこともあります。除湿よりも冷房のほうが省エネになる場合もあります。

 

おすすめのサイト

エアコンの取り付けなら水猿にお任せ下さい!蛇口交換や水道トラブルにも対応